お祝いや記念に名入れタオル

名入れタオルを気軽に送る

名入れタオルを作ること

名入れタオルを作って配布をすることもあるでしょう。特に企業で作って挨拶の際に配布をすることは多いです。最近ではインターネットでも申込みをすることが出来るようになっているので、コストも抑えることが出来るようになっていますし、納品までの時間も短縮されるようになっているので、注文しやすいというメリットもあります。中には子会社で名入れタオルなどを作成している企業もあります。規模が大きい場合にはそのようなことも考えることができますが、専門の子会社を持っているというのは、そんなには多くないようです。会社側で発注をする業者を決めていることも多いので、勝手に作ることが出来ない場合も多いです。これが個人の場合にはインターネットでの発注を行うことができますし、入れたいと考えている言葉も選択することが出来るようになっています。

記念に残る贈り物に名入れタオルを。

出産祝いや入学祝いに記念に残るもの贈りたいと考えている方も多いでしょう。お子様の名前を刺繍した名入れタオルをお勧めします。タオルはメーカー品・オーガニック素材・今治タオルなど様々な種類からお好きなものを選べます。出産祝いにはおくるみにも使える大判のバスタオル、入園入学祝いにはお子様が持ち運べるハンカチサイズやハンドタオルが人気です。名前は優しい感じも平仮名やさりげなく持てるローマ字などお好きな文字から選べます。刺繍糸もタオル生地に合わせて数色から選べます。店舗に出向く時間がなくてもネットで注文できて安心です。ご予算に合わせて数枚をセットにしたものもあります。注文は生地と刺繍糸を選び、刺繍したい文字を入力するだけで簡単にできます。贈り物をするなら実用的で喜ばれるものを…世界に一つだけの自分の名前の入ったタオルをぜひご検討ください。

名入れタオルはネット通販で手軽に注文できます

年末を迎える前に、職場で必ず用意するのが名入れタオルです。12月になると営業担当の社員がお客様へ年末のあいさつに伺うのですが、その際に一年の感謝の気持ちを込めて社名とロゴなどが入ったタオルをお渡しすると、非常に喜んでもらえるからです。タオルならどのようなシーンでも使っていただけますし、社名が入っているからさり気なく宣伝することもできます。ちなみに、職場で名入れタオルを注文するときは、インターネット通販を利用しています。リーズナブルな価格で高品質の名入れタオルを提供してくれるので、お客様にお渡しする大切なタオルを安心して注文することができます。一度にたくさんの数を依頼するときはもちろんのこと、足りなくなって追加で注文したいときにも気持ち良く対応してくれるので有難いです。納品されるまでの日数も早いため、急いでいるときも安心して注文できます。

自社で加工をしているので品質とお届け納期には自信があります! 名入れタオル製作専門店の技術と、取扱商品の多さ、自由なデザインによる世界で一つだけの商品を作れる事がメリットです。 イベントで配る記念品やご挨拶用の粗品まで、様々な用途の「名入りタオル」についてご相談をお受けいたします。 イベントや記念品に、誰からも喜ばれるタオルはいかがでしょうか。 お得な名入れタオルならウィングコーポレーション

1月 18th, 2016 at 7:59 pm

Posted in

現在働いているお店での勤怠管理について

現在とある有名ラーメンチェーン店で働いています。そこでの勤怠管理は至ってシンプルなものです。各従業員社員やアルバイト関係なく入店時に、従業員番号が振り分けらます。その従業員番号をPCの勤怠管理ソフトに入力するだけなのです。勤怠管理ソフトには「出勤」「退勤」「休憩」「戻り」とあり出勤時には出勤をクリックして従業員番号を入力してエンターを押すだけです。退勤時や休憩時も同じで、休憩が終わったら戻りを押す仕組みになっています。誰にでもできてしかも他の人の番号も近くに表にしてあるので「押しといて~」と言われて他の人の勤怠管理をするのも、しばしばです。

非常に簡単ですので入力に問題はありませんが、どうしても忙しい時や話に夢中になっていると入力するのを忘れて、そのまま仕事に入ったりしてしまいます。その時が面倒です。勤怠管理のミスをしてしまうと修正できるのが管理者のみになってしまいます。うちの場合ですと、まず店長に打刻ミスを報告。その後、店長が本部に打刻ミスを報告して修正してもらうという感じで非常に面倒です。人間どうしてもミスをしてしまう事がありますが、それが何回も続くと上からお叱りを受けてしまいます。「お前の店は勤怠管理もしっかりできないのか!今月、何回目だ!」店長が怒られ、そして私たちが怒られます。非常に便利で分かりやすいシステムなので打刻ミスをしてしまう自分達が悪いのですが、もうちょっとどうにかして欲しいものです。末端の社員やバイトがいじれるようにすると、悪い事をする可能性があるかもしれません。ですので店長に権限を与えて、すぐに修正できるようなシステムへの変更をして欲しいのですが費用の事を考えると中々、難しいのが現状です。PCで管理できれば確かに出勤時間等の計算が、しやすいし給料の管理もしやすいかもしれません。

タイムカードと違って面倒な計算も必要ありませんし。以前はカードを通して出勤管理をしていたそうです。その前は、もちろんタイムカードだったみたいです。今やどこでもPC入力が当たり前みたいです。お隣のカラオケ屋や焼肉屋さんもチェーン店なのですが、PCでの入力になっています。結局は自分達が、しっかりと忘れずに打刻するしかないのですが、それなら修正も簡単にできるようにして欲しいものです。計算が便利になった世の中だからこそ、末端の人間を信じて勤怠管理の出来るシステムを作っていただきたいです。

自社で加工をしているので品質とお届け納期には自信があります! 名入れタオル製作専門店の技術と、取扱商品の多さ、自由なデザインによる世界で一つだけの商品を作れる事がメリットです。 イベントで配る記念品やご挨拶用の粗品まで、様々な用途の「名入りタオル」についてご相談をお受けいたします。 イベントや記念品に、誰からも喜ばれるタオルはいかがでしょうか。 お得な名入れタオルならウィングコーポレーション

1月 15th, 2013 at 6:32 pm

Posted in

社長が教える勤怠管理方法は人心掌握にあり

どの企業においても勤怠管理は非常に大切です。社員の勤務態度を知るひとつの手段でもあります。この勤怠だけでは細かいことまでは把握ができるわけではありませんが、社員さんの人となりを知っていれば、どのように働いているかは想像ができるものです。私も社長、経営者の端くれです。社員の勤怠管理には気を使っています。大企業ならば社長がすべての社員を把握することは難しいでしょうが、私の会社のように少人数ならばほぼすべてを把握しています。家族構成から性格にいたるまで。勤怠管理は単に残業を減らすための、基準のスケールにもなりますし、経費にも絡んできます。そしてなによりも社員がきちんと出勤し仕事をこなしているかの目安にもなります。しかし、それ以上に社員の性格や家族構成なども考えて、遅い日が続けば早めに帰れるようにしてあげたり、残業が続いた週末には「家族と一緒に食べて。今週は随分と頑張ったみたいだからさ」とケーキや食事券なども差し入れすることもあります。

社員は非常に感激してくれて、いつも社長は俺を見てくれているんだ!と実感することができます。社員さんの頑張りを知り、頑張りに応えてあげることが社長の仕事の一つでもあります。社長が教える勤怠管理方法といったならば、次への頑張りを引き出して上げることだと思います。少しでもよい状況で働いてもらいたいですし、会社に来ること、働くことにやりがいを感じて欲しいのです。そのために勤怠の状況を把握するようにしています。管理ということで考えると、どうしても締めつけや、きちんとしているか、という観点ばかりになりがちです。当然ながらそれは大切です。その大切な管理をしたうえで、ということになるでしょうか。せっかくの勤怠管理をしているのですから、あと一歩踏み込んでみたならば社員のやる気を引き出すことにつながるのではないでしょうか。

私も若かりし頃には、上長や先輩から頑張りを褒めていただいたり、体を気遣ってもらうと本当に嬉しかったものです。そう考えると、勤怠管理はアラを見つけることにも役立ちますが、それ以上に社員のやる気とモチベーションアップにつながると思います。このちょっとしたモチベーションのアップは効き目があります。実際に頑張っているのですから、褒めてあげるべきです。そしてその社員さんを支える家族にも気を配ってあげるべきです。そうすれば、いくらお金をかけるよりも良いコミュニケーションが築けると思うのです。

自社で加工をしているので品質とお届け納期には自信があります! 名入れタオル製作専門店の技術と、取扱商品の多さ、自由なデザインによる世界で一つだけの商品を作れる事がメリットです。 イベントで配る記念品やご挨拶用の粗品まで、様々な用途の「名入りタオル」についてご相談をお受けいたします。 イベントや記念品に、誰からも喜ばれるタオルはいかがでしょうか。 お得な名入れタオルならウィングコーポレーション

11月 26th, 2012 at 5:39 pm

Posted in

勤怠管理データを集めていく仕組み

私達は機械を使うことができます。以前のように機械のない生活をしているわけではありません。社会の中にあるさまざまな問題を解決するために、機械が発明されてきています。そのような機械を使うことによって、今までよりもさらに効率的に物事を効率的にしていくことができるのです。何かと早く、早くと忙しい時代です。そんな時代にあるべき機械がなければ、その機械の導入を検討していくことです。例えば勤怠管理データを集めることができる機械や仕組みをしっていくことです。データを見やすく正確に集めていくことができるようになることで、作業の効率化を計ることができます。従業員が少ないうちはいいですが、徐々に多くなると、従業員の管理が大変になります。出勤時刻、退勤時刻がまちまちになったり、労働時間がまちまちになったりすると、何をどのようにして整理していいのかすら、分からなくなってしまいます。

そのような整理をしていかなければ、利益を稼ぐために、効率的に情報を組み替えていくこともできなくなってしまうので、どうしても時間をかけなければならなくなります。その時間が短縮することができれば、その分を他の作業を行なうことに活用することが出来るようになりますので、利益を上げるためにも貢献します。ボタン1つでできる作業が沢山あります。それができる機械があるのに、1時間、2時間とかけて同じような作業をしなければならないとなると、時間がもったいないと感じるようになります。時間は平等ですが、限られているのも事実です。他の会社に負けないように、作業の効率化をはかっておくことが大事になります。そのようにして、新しく出てくる機能をどんどん足していくことによって、会社内の仕組みがグレードアップしていくことができます。素早く丁寧に作業を進めていくためにも、時間的なゆとりを持って行くことが大事になります。リラックスできても終わるように仕事を管理していくことができれば、当然働きやすい職場になりますので、長く働きつづけていくことができます。

残業もなくなれば、その分を他の作業に当てることもできます。そのようにして、自分の目的があれば、その作業のために行わなければならないことがたくさんあります。その作業をするにも時間は必要になります。仕組みを作る側は常に新しい仕組みはないかを考えて、それが作業のクオリティを上げるのであれば、購入や導入を考えていくことが大事です。

自社で加工をしているので品質とお届け納期には自信があります! 名入れタオル製作専門店の技術と、取扱商品の多さ、自由なデザインによる世界で一つだけの商品を作れる事がメリットです。 イベントで配る記念品やご挨拶用の粗品まで、様々な用途の「名入りタオル」についてご相談をお受けいたします。 イベントや記念品に、誰からも喜ばれるタオルはいかがでしょうか。 お得な名入れタオルならウィングコーポレーション

11月 26th, 2012 at 5:39 pm

Posted in

勤怠管理ツール機能においては就業規則に合わせられる

諸外国においては、サマータイムというものがあるということです。これは国を通して行われるもので、国民全体が従うことになるということです。夏になりますと、太陽の出ている時間が長くなります。そのうち、朝の時間を有効利用しようということです。冬でしたら7時頃に日の出ということもありますが、真夏であれば5時などに日の出になるということがあります。それでしたら、2時間は余裕で生活が可能ということです。実際のサマータイムに関しては、1時間時計を早めるということをしています。夏の9時というのは、その他の季節で言うと8時ということになります。日本で考えてみても、結構差があるものです。9時頃だとかなり暑いですが、8時ならまだ少し爽やかです。日本においても、夏の節電事情ということもあって、サマータイムの導入が検討されたということです。ですが、いろいろな仕組みがそれに対応していません。鉄道であったり、金融機関、いろいろな仕組みにおいて、ある時期に1時間はやめて、またある時期に戻すということを行う必要があります。FXで取引をしている場合は、その影響を少し受けることがあります。ただし、日本で取引を行っていますから、単に開始が早くなる、終了が遅くなるレベルの話です。

では日本においては、どのように対応していったら良いかということがあります。個別対応が求められます。日本においては、就業規則を元に、会社の秩序が守られることになります。就業規則に8時が始業時間と書かれていれば、それを守る必要があります。この時間は会社によって違いますから、となりの会社ではまだ始まっていないのに、こちらの会社では遅れたので遅刻ということが出て来るということです。損をしているように思いますが、通常はその分終業時間が早まっていると思います。他の会社は18時なのに、こちらの会社は17時などです。それぞれの会社の就業規則は、それぞれによって微妙に異なり、それに合わせて仕事をする必要があります。

勤怠管理ツール機能を利用するというとき、問題としては、それぞれの会社に合わせることができるかということです。ある特定の処理についてはできないということでは困ることになります。このあたりに関しては、柔軟的に設定をすることができるようになっているということです。始業時間を変えることで遅刻になるかどうかの判定も変えることができます。有給休暇のカウントに関しても、1日単位のこともあれば、1時間単位ということもあります。その設定を個別にすることができるようになっています。セキュリティがありますから、担当者の身が設定ができます。

自社で加工をしているので品質とお届け納期には自信があります! 名入れタオル製作専門店の技術と、取扱商品の多さ、自由なデザインによる世界で一つだけの商品を作れる事がメリットです。 イベントで配る記念品やご挨拶用の粗品まで、様々な用途の「名入りタオル」についてご相談をお受けいたします。 イベントや記念品に、誰からも喜ばれるタオルはいかがでしょうか。 お得な名入れタオルならウィングコーポレーション

11月 26th, 2012 at 5:39 pm

Posted in

勤怠管理ツールを導入しようとしない自社

このご時勢、未だに手書きのタイムカードを社員に配布し、パートさんを雇用してその勤怠管理を行っている会社は、もしかすると時代遅れなのではないかと、働いていて疑問に感じてしまいます。これは、私の今勤めている会社での勤怠管理の状態です。今では、勤怠管理ツールといって、パソコン内で勤怠管理を自動的に行ってくれるという、とても画期的な機能をもったものがあります。この勤怠管理ツールがあれば、働いている社員は日々打刻していくだけで、1ヶ月の働いている時間、また、それに対する待遇を把握することができ、さらに年間を通した勤務時間の管理もできるのです。そんな便利な勤怠管理ツールというものがありながら、導入しないというのが自社の判断でした。

私の勤めているこの会社は、町の小さな工務店を経営していて、働いている社員も、作業員が5名、事務員が3名、清掃員が2名と、合計で10名です。それに加えて、パートさんが2名いらっしゃるのですが、それでも会社全体で12名しかいません。そんな自社では、わざわざ勤怠管理ツールを導入しなくても、タイムカードで勤怠管理ができるだろうというのが、上司の考えだったそうです。そうして未だに、私はこのタイムカードに、出勤時間、休憩時間、退勤時間を手書きで記入しています。しかし以前、このタイムカードがきっかけで、ある問題が発生してしまったことがありました。それは、ある社員の1人が、不必要になった書類をシュレッダーにかけているとき、手元を誤って、隣に積んでおいたタイムカードを一緒に入れ込んでしまったのです。それは、もう月末に近いときのことだったため、約半月分ほどの勤務時間の書かれたタイムカードが、全社員分、全てシュレッダーにより粉々に切り裂かれてしまったのでした。粉々になってしまったタイムカードは、もちろん元に戻ることはなく、全員の勤務時間の把握ができなくなってしまったのでした。

結局その月は、シフト表を確認しながら、どれだけ勤務していたかと、社員そろって確認をしたのですが、中には残業をしていたり、その日急遽欠勤になっている社員もいて、正確な勤務時間の把握ができなかったのでした。そのため、その月の給料はアバウトなままに支給されたのです。そんな問題が起こったにも関わらず、勤怠管理ツールを導入しない自社に、私は疑問を抱いてしまうのでした。小さな会社では、仕方のないことなのでしょうか。

自社で加工をしているので品質とお届け納期には自信があります! 名入れタオル製作専門店の技術と、取扱商品の多さ、自由なデザインによる世界で一つだけの商品を作れる事がメリットです。 イベントで配る記念品やご挨拶用の粗品まで、様々な用途の「名入りタオル」についてご相談をお受けいたします。 イベントや記念品に、誰からも喜ばれるタオルはいかがでしょうか。 お得な名入れタオルならウィングコーポレーション

11月 21st, 2012 at 4:34 pm

Posted in