お祝いや記念に名入れタオル

名入れタオルを気軽に送る

勤怠管理ツール機能においては就業規則に合わせられる

諸外国においては、サマータイムというものがあるということです。これは国を通して行われるもので、国民全体が従うことになるということです。夏になりますと、太陽の出ている時間が長くなります。そのうち、朝の時間を有効利用しようということです。冬でしたら7時頃に日の出ということもありますが、真夏であれば5時などに日の出になるということがあります。それでしたら、2時間は余裕で生活が可能ということです。実際のサマータイムに関しては、1時間時計を早めるということをしています。夏の9時というのは、その他の季節で言うと8時ということになります。日本で考えてみても、結構差があるものです。9時頃だとかなり暑いですが、8時ならまだ少し爽やかです。日本においても、夏の節電事情ということもあって、サマータイムの導入が検討されたということです。ですが、いろいろな仕組みがそれに対応していません。鉄道であったり、金融機関、いろいろな仕組みにおいて、ある時期に1時間はやめて、またある時期に戻すということを行う必要があります。FXで取引をしている場合は、その影響を少し受けることがあります。ただし、日本で取引を行っていますから、単に開始が早くなる、終了が遅くなるレベルの話です。

では日本においては、どのように対応していったら良いかということがあります。個別対応が求められます。日本においては、就業規則を元に、会社の秩序が守られることになります。就業規則に8時が始業時間と書かれていれば、それを守る必要があります。この時間は会社によって違いますから、となりの会社ではまだ始まっていないのに、こちらの会社では遅れたので遅刻ということが出て来るということです。損をしているように思いますが、通常はその分終業時間が早まっていると思います。他の会社は18時なのに、こちらの会社は17時などです。それぞれの会社の就業規則は、それぞれによって微妙に異なり、それに合わせて仕事をする必要があります。

勤怠管理ツール機能を利用するというとき、問題としては、それぞれの会社に合わせることができるかということです。ある特定の処理についてはできないということでは困ることになります。このあたりに関しては、柔軟的に設定をすることができるようになっているということです。始業時間を変えることで遅刻になるかどうかの判定も変えることができます。有給休暇のカウントに関しても、1日単位のこともあれば、1時間単位ということもあります。その設定を個別にすることができるようになっています。セキュリティがありますから、担当者の身が設定ができます。

11月 26th, 2012 at 5:39 pm

Posted in